リフォームを行なって快適な空間を作る~テキパキ環境改善~

作業員

便利な手すり

ヘルメット

手すりは介護の為だけではなく安全な生活の手助けになります。

日常生活の中であまり自宅には無いけれど、あるととても便利なのが手すりです。普通手すりというと高齢者や介護の為に後づけするというイメージですが、通常でも手すりがあると安全で便利な生活を送る事が出来ます。手すりを取り付けるには、家のどのあたりに取り付けたらよいのかをまず業者に調べてもらいます。家の中での危険度や、取り付け後の便利度を予測する為の判断をする為に幾つかのパターンで見積もりを建てた方が良いのです。ごくごく一般的に手すりを取り付けたいといわれる場所はトイレと風呂場ですが、玄関周りも候補のひとつにいれておきましょう。日常の中でつかまる所を必要と感じる所は立ったりしゃがんだりを繰り返す事が多い場所だからです。

取り付けには幾つかのパターンの見積もりを。

まず思い立った時に、工事関連で何らかの補助が受ける事が出来るかどうかは一番最初に調べておきましょう。家屋や部屋に関しては対応するサービスや行政の補助が多種多様にあるので、ひとつでも多く調べておく事が決め手となります。家族に高齢者やけが人がいるかどうかでも、介護などの補助の対応になるかどうか調べてもらう事は出来ます。まずは電話で問い合わせてみる事からはじめてみましょう。いざ手すりを取り付けるという見積もりの依頼する時に、自宅にあわせたデザインや色も複数候補をあげてもらいましょう。その時には強度とつかまりごこちについても比較してもらうとさらに安全です。安全面を考えるとトイレと風呂場と玄関を1回の取り付け工事で手すりをつけてしまった方が良いのですが、あえて1か所で使いごこちを試してみたい場合は、自分の生活リズムで一番立ったりしゃがんだりする回数が多い所を選んだ方が疲れません。高齢者でなくても体調不良の時やふとした怪我で不便な生活を一定期間過ごさなくてはいけない事があるので、つかまる為の補助があるというのはとても安全なのです。